服を選ぶ前に大切な4つのこと

こんにちは
自問自答ファッション通信です。

私は今まで「おしゃれが苦手です」という方のスタイリングをたくさんしてきました。

「制服がある仕事なので、私服に手を抜いて居たら3年間同じ服。何を買っていいか分からなくなってしまいました。」
「介護職を10年頑張っていて、気が付けば機能的な服ばかり。いざお見合いをしようと思ったら、おしゃれってなんなのか分からなくなってしまいました。」

という「アラサーファッション難民」の皆様はとっても多いです。

私はいつも「服のスタイリスト」としてお洋服を選びながら
「本当におしゃれになるには、服選びの前に必要なことがあるのに!」と思っていました。

あなたの周りの「おしゃれな人」とは果たして服だけがステキな人でしょうか?
同じ服を着ていても「おしゃれな人」と「そうでない人」は存在します。

今日は、今日は、スタイリストが考える〜服を選ぶ前に大切な4つのこと〜をお伝えしていきたいと思います。

①ヘアスタイル
もしかしたら、服、メイクの前に一番大切なのは髪型かもしれません。
髪型が変わるだけで小顔になったり、美人な雰囲気が作れたり、若返ったりします。

アラサーにもなってくると「私はロングは似合う」「ショートが落ち着く」など好みはあると思いますが、20代の頃とは顔の形も、髪質も、流行も変わってきます。
いつまでも同じ価値観でいるのはとっても危険です。
今一度、「本当に自分に似合う髪型」と向き合って見てください。

自分で雑誌を見て「この髪型にしよう!」と決めるのも良いのですが、一番のオススメはプロである美容師さんに聞く事です。
美容師さんは毎日何人もの髪を切っているエキスパートです。似合う髪型はその人の顔の形、髪質や量で変わりますので、流行の髪型であればなんでもいいというわけにはいきません。信頼できるカットが上手い人に任せるのが一番です。

私が心からオススメするのは、都心の人気のあるサロンでトップスタイリストを指名して「似合う髪型を教えてください」といって予約する事です。
お店のホームページを見て、そのスタイリストさんが担当したモデルの写真を見て「ステキだな」と思った人を指名しましょう。

なぜ都心店のトップスタイリストなのかというと「価格が高くても、わざわざ都心に出てもその人に切ってほしいという人がいるほど腕が良いから」です。もちろん、地方のリーズナブルなお店にもカットが上手い人はいます。しかし会える確率は低いのです。できれば平日の朝一で行くのがオススメです。土日よりも忙しくないので余裕を持って見てくれることが多いからです。

私たちの目的は「安くカットを済ますこと」ではなく「おしゃれになること」です。
いつものサロンより数千円高く払うだけで何万円分も綺麗になれるのであれば、コストパフォーマンスは抜群に良いと思います。

アラサーになると地元でいつも切ってもらっている心を許した美容師さんが居て、「浮気するのはちょっと…」と思ってしまいますが、一度だけでも良いので試して見てください。
騙されたと思って試して見てください。いつもの服なのに見違えるように綺麗になります。

もし、お金がないからカットで10,000円以上出すのは厳しい…というのであれば
・できれば一ヶ月に一度はサロンでトリートメントをしてもらう
・ちょっといいシャンプー&コンデイショナー(せめて1,000円以上)を使う
・週に一回は市販のトリートメントを使う
・良いドライヤー(パナソニック ナノケアなど)で毎日ケアする
など、少しでも手間暇をかけてあげることが大切です。

セミロング〜ロングであれば、簡単なヘアアレンジを覚えましょう。
ヘアアレンジを一つか二つ覚えると劇的におしゃれさが変わります。
今はYouTubeでも簡単なヘアアレンジを教えてくれますが数千円〜一万円出せばプロが直接ヘアアレンジを教えてくれる講習会もあります。
一回覚えてしまえば簡単なのでぜひチャレンジして見てください。

1万円でトップスを一枚買うよりも1万円でヘアアレンジを習った方が「おしゃれ度」は上がります。

②メイク
ヘアスタイルの次に大切なのがメイクです。
どんなに服がおしゃれでも、メイクが今風でなければ全くステキではありません。
冒頭でお話しした「おしゃれが苦手です」の方は、ノーメイクの方、またはメイクが20代の時と変わっていない方がとっても多いのです。
特に「肌が綺麗って言われるし、ナチュラルなのが好きなので」という人ほど、メイクを重要視していない傾向にあります。
しかし、私は「ノーメイクでおしゃれなアラサー」は見たことがありません。
20代の時に「ナチュラルで清楚な美人」だった人ほどアラサーになるとメイクに手を抜いて「疲れた印象の中年女性」になってしまう恐れがあります。メイクをすることは怖いことやめんどくさいことではなく「心から楽しいこと」です。

アラサーになった今だからこそ、オススメなのは「プロに習う」ということです。

まずは怖がらずにデパートのコスメカウンターに行って見てください。
前回お伝えした服を買うときと同様、「デートなのでなんとか力を貸してください!」と言われてやる気が出ないビューティーアドバイザーはいません。プロの販売員は「売りつけてやろう」なんて決して思っていません「綺麗になってほしいな」という100%の善意で仕事をしています。
流石に時間的にフルメイクをしてくれるところは少ないので「眉毛」「ベースメイク」「アイメイク」「リップメイク」と日にちを変えて色々揃えていきましょう。そして必ず写真を撮って自分で再現できるようにしてください。

コスメカウンターで何か買わなくてはというプレッシャーを感じるのが辛いという方は、メイク講座に通うのもおすすめです。
YouTubeでもメイク動画はたくさん上がっているのですが、王道でない技法も盛り沢山なので、やはりプロに教えてもらうのが一番の近道です。
超一流の資生堂さんですら90分15,000円でレッスンが受けられます。

もし、お金がないからメイクレッスンでお金を出すのは厳しい…というのであれば
・とにかく眉毛だけは「プロ」にレッスンしてもらう
・ファンデーションはプチプラではなくいいものに変えてみる
・基礎化粧品にお金をかける
・小顔マッサージだけは毎日する
・リップクリームだけは必ずトイレに立つたびに塗る
など、髪型同様、少しでも手間暇をかけてあげることが大切です。

15,000円でスカートを買うよりも15,000円でメイクを習う方が「美人度」はあげると思います。

③ハンドケア&ネイル
ハンドケア&ネイル、実はおしゃれの中でものすごく重要です。
どんなにシンプルなお洋服でも、ネイルカラーが今っぽいだけで「オシャレな人」という印象になります。
「モテる人は手がきれい」とも言われていますが、自分でも毎日見えるところなのできれいにしているとモチベーションが上がります。

やはりオススメはネイルサロンに通って定期的にハンドケアをしてもらうことです。
飲食関係や医療関係のお仕事ででネイルが禁止されているところも多いと思いますが、
・爪を丸く整えておく、ヤスリで磨いておく
・透明や薄いピンクなどで「保護のため」にネイルをする
・お仕事後にハンドクリームで保湿する
というのは、自分のためにも、周りの人のためにも絶対にした方が良いことです。

また、休日のお出かけの際はセルフネイルで「ワンカラー」でいいのでネイルをしてみてください。
ネイルカラーはどんなに高くても2,000円〜3,000円です。
高価であればあるほどハケも塗りやすく、カラーも高級感があり綺麗です。
オススメはベージュやピンク系のナチュラルなカラーですが、休日のみであれば「赤」や「ボルドー」といった女っぷりが上がるカラーを選ぶと気分が盛り上がります。
慣れたらフットネイルしてみましょう。ハンドと同じ色でOKです。素足の時の美しさが格段に違います。

ネイルをすることで得られる「オシャレさ」は確実にコストパフォーマンスナンバーワンです。
仕事でネイルカラーが禁止されている方も、ぜひケアだけはしていきましょう。

2,000円で最高品質のネイルカラーを買うだけで、とても女性らしい綺麗さが手に入ります。

④アクセサリーをつける
スタイリングではお洋服を選んだ後にアクセサリーを選ぶことが多いのですが、むしろ、お洋服がシンプル化している最近では洋服よりも大事なのがアクセサリーです。

オシャレな人はアクセサリーをしていない日は「裸で外出しちゃった気分」と言います。
服、靴、バッグよりも無くてもいきていける分「プラスアルファ」のイメージが大きいのですが、むしろおしゃれには一番重要です。

特にスタイリストをしていて思うのは「ピアスorイヤリング」は絶対にした方が良いということです。
単純に顔周りが明るくなるので地味目な顔の方も「美人度」が増します。

20代の頃買ったアクセサリーをずっとつけている人も、「今の私に本当に似合っているか」チェックしてください。
プチプラでプラスチック製のものや、貴金属でも可愛いハートのモチーフなど、アラサーになった今では似合わなくなっているものが出てくるはずです。

また、パールやダイヤのさりげないものでも流行の形や付け方は存在します。
思い入れのあるものも多いと思いますが今一度見直しましょう。

アクセサリーをつけたことがないという方は、シンプルなもので18K以上の素材がオススメです。
アクセサリー選びに関してはちょっと自信があるのでぜひ私に相談してください。

以上の4つがスタイリストの私が考える
〜お洋服を選ぶ前に大切な4つのこと〜です。

ぜひ、できるところから実践してみてください。

おまけ〜おしゃれ初心者番外編〜
デートに行く前にお洋服選びより大切な「身だしなみ・マナーについて」
必ず確認してほしいことを載せておきます。
アラサーにもなると家族や友人も遠慮して言ってくれないことがありますので、
必ず自分でチェックするようにしましょう。

【デートに行く前に最低限確認すること】

〜毛について〜
・顔の産毛(特に鼻の下)は、生えていないか
・眉毛は繋がっていないか 眉の下に毛が生えていないか
・脇の毛、腕の毛、脚の毛は生えていないか
・首回りの産毛は生えていないか
・手の指、足の指の毛は生えていないか
乳首の周りやデリケートゾーンも確認しておきましょう!

とにかくデート前日にはパナソニックのシェーバーで全身軽くケアしておきましょう。全身脱毛している人も過信しないでチェックしましょう。

〜肌について〜
・かかとやヒジ、ひざなどはガサガサじゃないか
・唇は乾燥していないか
・顔や首回りはしっかりシートパックなどで保湿しておきましょう。

余裕がある人は一度エステに行ってケアしてもらうのもおすすめです。
続けて通わなくても今の現状を教えてもらうだけでモチベーションが上がります。

〜髪について〜
・白髪は生えていないか 
・カラーした根元が伸びてきていないか
・パサついたりしていないか
・ボサボサではないか
・フケなど出ていないか

髪形以前に頭皮にお悩みがある人は、ヘッドスパなど活用しましょう

〜歯について〜
・着色汚れなどはないか
・匂いなどマウスケアはしているか
・デンタルフロスなどで定期的にケアしているか

意外と自分では気がつかないことですが、口周りが綺麗な人は確実にモテます。
むしろヘアスタイル、メイク、ファッションが完璧でも歯が汚いと本当に残念です。これは、健康のためにも、ぜひ人生通して定期的に歯医者さんに通うのがおすすめです。

〜香りについて〜
・デオドラントはしているか
・香水はつけすぎていないか
・柔軟剤の香りは強すぎないか

こちらもなかなか自分では気がつかないことですが、香りが良い人はおしゃれな印象を受けます。
香水が強すぎてもいけませんが、まずはしっかりデオドラント&ほんのり香るくらいの香りだと好感度が上がります。

自分を大切にケアして楽しくおしゃれになっていきましょう!

ぜひ気になったところからコツコツ実践して行ってください。