クリスマス直前!彼女に心から喜ばれるギフトとは?【ギフトのおすすめ】

こんにちは
自問自答ファッション通信です。

今回は男性が大切な女性に贈るプレゼントの極意です。
私は百貨店でスタイリストをしていた際「ギフトアドバイザー」の資格をとってギフト選びのお手伝いをしていました。本当に大切な方へのプレゼントを選ぶのは、贈る方をじっくり理解しないといけないことなのでとても楽しく、そして難しいことでした。

ギフト選びで一番大切なこと、それは「自分があげたいものではなく、相手が欲しいものを選ぶこと」そのために「相手をしっかり見ること」です。

よく、「彼女にもっとおしゃれして欲しいから服をあげたい」「彼女にイメージチェンジして欲しいからアクセサリーをあげたい」という要望を聞きますが、相手がそれを求めていなければ「身につけたくないもの、使いたくないものを使わなきゃいけない」のです。

喜んでもらうどころか苦しい気持ちにしてしまいます。(もちろん気持ちはありがたいのですが。)特に高価なものになればなるほど、もらった時になぜかガッカリ感が増すのです。(もちろん嬉しいんですけどね!)

正直な話、「ギフトは何がいいですか?」と私に聞く前に相手に聞いてください。

彼女としっかりコミュニケーションを取りながら、しっかり興味関心を持ちながら、考えて考えて考え抜いてください。(自問自答流ですね)「女性はこれが好きだろう。みんなこれが欲しいはずだ。」という大きな正解は、もはや無いに等しいのです。

「考える気持ち」が一番大きなプレゼントです。

彼女のSNSや、持ち物を見まくって、仮説を立てて見ましょう。

美容関係の投稿が多いなら美容家電やコフレを。グルメ関係に興味があるのなら料理グッズを。仕事関係の投稿が多いならデスク周りの雑貨を。興味があることを調べてくれただけで、とっても嬉しい気持ちになります。

そして、「もうすぐクリスマスだから何かギフトをあげたいんだけど何がいい?」と、どストレートに聞きましょう。仮に「何にもいらないよ」と言っても、相手は女子です。欲しいものがない訳はないんです。笑

そこで、考え抜いた結果をお話しして見ましょう。「そろそろ新しいバッグが欲しいんじゃない?」「ドライヤー壊れてなかった?」「新しいコフレが気になってるんじゃない?」正解を叩き出せば、「それ!」となりますし、欲しいものと違えば「実はそれよりも欲しいものがある」と教えてくれます。

どうしてもサプライズプレゼントがしたい!という方は、プレゼントの内7割の予算はヒアリングしたものを、3割の予算はサプライズプレゼントに使いましょう。

予算が5万円だとしたら3万円分は彼女が欲しがっていたネックレスを、2万円分は自分があげたいものをあげるのです。

あげたいものをあげるのが相手のためでなく自分のわがままであることを理解して、喜んでもらえたらいいなくらいの気持ちで望みましょう。

そんなことは言っても、彼女は欲しいものが無いっていうし、具体的に何か彼女が喜ぶものを知りたい!という方のために、私が使っていて「最高!」と思っているものをご紹介いたします。(あくまでもヒントにしてください。)

Apple Watch Series 4

もし彼女がiPhone及びMacユーザであれば、本気でおすすめいたします。私は使用歴3年になりますが、これが無いと生活できないぐらい便利だと感じています。

おしゃれ好き、スポーツ好き、仕事好き、全ての好きにマッチする最強なアイテムです。できれば男性もお揃いで買って「いろんなアプリ一緒に使ってみようよ」と言ってくれたらもうメロメロですね。

おしゃれと機能、ストーリー性、すべてひっくるめて100万点のアイテム。それがApple Watchです!

ヘアードライヤー ナノケア

もし彼女が持っているドライヤーがナノケア及び「美容」に特化したドライヤーでなければ、今すぐに贈ってあげてください。髪の艶が雲泥の差になります。絶対にあっても困らないのがドライヤー。でも今のがまだ使えるし…というので古いドライヤーを使い続けている方も多いはず。もらえば絶対に嬉しいですし、美に対して追いつけがましくも無いのでおすすめです。

アクセサリー

アクセサリーを選ぶほど難しいものはこの世にない。と感じていますが、ぴったりなものをもらうと嬉しいものです。毎日自分の肌の上で可愛く揺れているものが大好きな人からもらったものだとしたら、こんなに嬉しくて愛おしくて誇らしいことはないからです。

注意して欲しいのは「高ければ高いほど嬉しいわけでは無い」ということ。どんなに有名なメーカーでも、どんなにダイヤが大きかろうと、「センス」がハマらなければ嬉しく無い、一世一代の賭け事です。あんな小さな中に素材、質感、ニュアンス、モチーフ、ブランドの世界観全てが詰まっています。

素材はプラチナなのかK18なのかK10なのか、色はシルバーなのかイエローゴールドなのかピンクゴールドなのか、石は透明度が高いほうが良いのかマットな質感が良いのか、ぜんっぜん人によって好みが違います。これは価格ではなく、完全なる好みです。

例えば、同じダイヤモンドのアクセサリーでも
1・ティファニーの世界観

2・hirondelle et pépin(イロンデール・エ・ペパン)の世界観

この二つは全く違いますよね。

どっちがいいとかいう話ではないのです。彼女が何が好きなのかという話です。

あまりアクセサリーに興味がない人はこの世界観すら自分にどっちがあっているのか分からない人も多いので、色々サイトを見て、一緒にお買い物に出かけて検討してください。

必ず見るだけではなく「手で触って見ること、つけてみる事」が大事です。男性でも、ショップで触ってみていいのですよ。

そして、「高ければ高いほど良いわけでは無い」の逆説として、「絶対にケチってはいけない」のもアクセサリーの注意点です。

「どのスペックが上がったのかわかんないけど5,000円高い。似たようなもので数万円安いものがあるかも。」なんて気持ちは、今から地中の奥深くに埋めてください。

アクセサリーほど「コスパ」を求めてはいけないものはないのです。

「なんとなく石を止める土台が可愛い感じがする」「なんとなくキラキラしている気がする」「なんとなく自分の肌に馴染むような気がする」この、なんとなくニュアンスが全ての鍵です。

彼女がいいかもと思うものが予算より3万円超えていたとしても買ってあげてください。コスパはプライスレスです。

「アクセサリーについて」は、どんなスタイリストやバイヤーよりもかなり詳しいと自負しておりますので、もう、なんならね、直接聞いてくださいね。

そしてですね、これだけは、もう全員の方に言いたい!

プレゼントには必ずお手紙を添えてください。

付き合いが長くなると忘れてしまうもの、それは「愛の手紙」です。恋人同士でも、夫婦でも、パートナーでも、手紙を書くことは最重要なのです。可愛いクリスマスカードで愛を伝えましょう。

まだ11月といってもすぐに12月が来てしまいます。プレゼントの準備はお早めにしてくださいね!ご質問もお待ちしています。

自問自答ファッション講座はこちらから↓↓↓

私に刺激とパワーをくれる「クリエイターズブランドの魅力」

アーティストから学んだこと

自分にぴったりなパーソナルスタイリストの選び方