自分の為だけに装うこと

こんにちは
自問自答ファッション通信です。

昔見たドキュメントだったかニュースだったかでとても好きな話があったのでお話しします。(うろ覚えなので自分の中で脚色しているかもしれません。)

とある田舎で、とても繁盛している個人商店の薬局がありました。
その理由として
①いつも新製品の化粧品が置いてある
②メイクの上手な販売員がメイクアップを楽しく教えてくれる
③みんなが集っていつも楽しく井戸端会議をしながらファッションを褒め合う
④高価で質の良い派手なランジェリーが常時置いてある

と言うのが挙げられてました。(うろ覚えです。)

農村の奥で一軒しかない薬局。若い人がいない地域だけど、みんな綺麗にお化粧したりおしゃれしたりするのがとっても好きで集まっている。

そして交流の場を作ることで顧客になる仕組みがちゃんと作れている。それもすごいのですが注目すべきは④高価で質の良い派手なランジェリーが常時置いてあることです。

高価な3〜5万円するランジェリーなんて誰が買うのって思うんだけど、農家のおばちゃんが誰もいない時間を見計らってこっそり買いに来るんですって。

普段はおしゃれをしないような方が、「誰にも見せないけど、こんな綺麗な下着を一生に一度はつけて見たかったの。」ってタンスに貯めた一万円札を大事そうに巾着に入れて持って来るんですって。

そのエピソードが私の情緒にメガヒットしてしまって、おいおい泣いてしまって強烈に記憶に残っているのです。

人が可愛くなりたいとか、綺麗なものを身につけたいとか、美しいものに触れたい気持ちってとっても愛おしい。

自分が世間的に言う「美人」に生まれなかったとしても、「若く」なかったとしても、「豊かな家庭」に生まれなかったとしても、嘆いてひねくれていては仕様がなくって、生まれながらにして持っている「乗り物(外見)」に乗りこなせるように努力したり、自分だけが知っている自分の美しさを感じることが何よりも何よりも大切で、それを楽しむのが人生だと思っています。目の前のカードでどう勝負できるかが人間力です。

高い化粧品を買って使ってみたり、似合いもしない着て行くところもない肩が空いたドレスを買って鏡の前で着てみたり、真っ赤なハイヒールを家の中で履いてみたり、セクシーなランジェリーを買ってお風呂上がりにこっそり身につけてみたり、自分の写真を加工して可愛くして見たりすることは、何も悪いことではない。むしろ誇り高いことです。

それを他人が「ふさわしくない」とか「恥ずかしい」などと言う方が間違っていて、今はSNSでうっかり発信しちゃうから叩かれちゃったりするけれど、わたしは、それも自由だし、発信しちゃう人もオールオッケーだと思っています。(見たくない人は見なければ良いことですよね。)

美しいものを身に付けようとか、お化粧を綺麗にしようと言う尊さは、自分を大事にしている人がするものなので、たとえ人前では素朴なメイクでシンプルな服を着ている人にも、魂に華やかな美しさが宿ります。

装う人は、必ず他人にも優しくなります。特に下着の美しさは、内面の美しさに直結しちゃうので死ぬほど大事です。

もし、農家のおばちゃんが一生懸命貯めたお金で綺麗なランジェリーを買うことを揶揄する人がいたら、それは自分に自信がない人や、他人に嫉妬をして自分では努力をしない人です。

努力をして、精一杯に大切な人のために生きていう人はきっと「うんうん、いいねいいね」って言ってくれます。

人は必ず、外見が変わって初めて中身が変わるのです。(最近流行っている、ホームレスにヘアカットしてあげたら見た目がスッキリして周りの目が変わって本人にやる気が出てた動画を見てこの話を思い出しました。)

お店に立っていて、お洋服がシンプルで、お化粧も最低限で、質素な雰囲気のお客様が来たときは、ちょっと慎重に、その人の心の中のキラキラを壊さないようにゆっくりと、華やかなものや可愛いものもおりまぜて試着してもらうようにしています。

新しい自分を見つけてハッとするときの表情がとても愛おしいからです。人前で着る似合う服を探すのも大事な役目ですが、似合うとか似合わないとかじゃなくて、その方が鏡の前だけで自分の前だけで装う服やアクセサリーも一緒に探したいと思っています。

わたしは一人の服好きとして、美しい服やアクセサリーや雑貨が好きです。
ファッションスタイリストとして、美しくあろうとする人が好きです。
バイヤーとして、美しい品物を品揃えして喜んでもらうのが好きです。

この全てにおいてメガヒットしたお話でした。
さてさて、わたしも最近黒ばかり着ているので、自分のためだけに美しい色彩のドレスでも買おうかしら。

自問自答ファッション講座はこちらから↓↓↓

「見た目力」解体新書

多様な美を認めること

新しい自分が見たい

うつくしい人とは